病院でわきがを治療するにはどれくらいの費用が掛かる?

ツーンとワキから刺激臭がするワキガは本当に悩みですよね。

深刻なこの悩みを解決する最終手段は、やはりお医者さんに頼る事なんです。

実際にどんな治療がどのくらいの費用で受けられるのか、見てみましょう。

保険適用になる方法を選ぶなら直視下手術法・剪除法

実はワキガ治療に保険が適用される場合があります。

直視下手術法のひとつ、剪除法という手術方法ですね。

ワキの皮膚を切開して、ワキガのニオイ原因物質を分泌するアポクリン腺を取り除く手術です。

原因になるアポクリン腺を切り取るため、ワキガ改善効果が高い方法と言えますね。

費用は保険適用が無い状態で30〜50万円ほどです。

傷が残りにくい非直視下手術法でワキガの元を吸引!

剪除法は目で見てアポクリン腺を取り除くので効果は高いですが、傷が残りがちになります。

そこで美容に配慮したのが非直視下手術法です。

ワキの皮膚にカニューレという管を差し込み、ワキガの元になるアポクリン腺を吸引してしまう方法です。

ワキの脂肪と一緒に吸引する皮下組織吸引法が15万円程度、超音波で破壊した汗腺を吸引する超音波吸引法なら30万程度で受ける事ができます。

ローラーとカミソリで汗腺を削る皮下組織削除法

カミソリを皮膚の中に入れ、外からローラーで押さえながら皮膚の裏にある汗腺を削り取る手術が皮下組織削除法です。

根こそぎ汗腺を削り取るため、ワキガ改善効果は高いとされています。

しかし技術的に難しいため受けられる病院が少なく、失敗のリスクも少なくない方法です。

費用は40万円ほどかかります。

手術しなくても薬で抑える方法もある

保険適用になる薬品でワキガを抑える方法もあります。

臭化プロバリテリンといい、飲む事で汗を減らして体臭を抑えてくれます。

簡単に言うと飲む制汗剤といった効果ですね。

またニオイを抑える塩化アルミニウムの塗り薬が処方される場合もあります。

手術するまでもないワキガだと、投薬で改善される場合も十分考えられるんです。

またボツリヌス菌由来の成分をワキに注射したり、汗腺を熱で破壊するビューホット法などの新しい方法も広がりを見せてきています。

デオドラントを変えてみてダメだったらお医者さんへ

ワキガといっても、軽いものから重症までニオイの幅は広いものです。

ワキガかな?と思っても、まず最初にデオドラントを変えてみましょう。

スプレータイプのデオドラントは汗にすぐ流されてしまうので、ロールオンやクリームタイプに切り替えるとニオイが変わってくるかも知れません。

手術は費用も失敗のリスクもありますので、デオドラントを変えたり薬を飲んでみてもダメだった時に考えたほうがいいですね。

体臭の種類によって対策方法は変わる

人々を悩ませていることのひとつが体臭です。いくらかっこいい・かわいい人でも臭いがきつかったら敬遠されてしまうこともあるでしょう。

体臭の種類にはいくつか考えられます。まず1つ目が汗臭さです。

思春期などに多いのですが、汗をかいたまま放置しておくと、汗に付着した汚れや菌から悪臭を放ちます。そのため、多くの人が臭いと感じるようになるのです。

2つ目がワキガです。ワキガはその独特の臭いから特に嫌われる臭いのひとつです。ひどいワキガの場合、服に臭いがつくこともあるといわれており、早急な対応が必要になります。

もうひとつが加齢臭になります。加齢臭は年齢を重ねることである程度仕方がない臭いではありますが、やはり好かれる臭いではありません。

汗臭さとワキガの対策としては、制汗スプレーの利用が効果的でしょう。汗を抑える効果に加え、消臭効果があるものもあります。

また、加齢臭は耳の後ろから漂うといわれていますので、こまめに拭くことで臭いを抑えることができます。

病院での体臭治療はどのようなことをするの?

病院では、体臭を改善するための治療が行われています。体臭の中には、内分泌系の病気や胃腸の病気が原因になっているものもあります。

体の状態が臭いに影響を与えている場合には、その病気の治療を行うことで体臭の改善が期待できます。健康診断を受けていなかったり、体調面で気になることがある方は、まず診察を受けてみましょう。

体調に問題がない場合には、注射やレーザーによる治療を受けていくことになります。臭いの中でも、ワキガのように、特定の場所から強い臭いを発している場合には、汗腺の働きを弱める対策が効果的になります。

ボトックス注射を行なうことで、汗腺の働きが弱まるため臭いを改善していくことができます。またレーザーを汗腺に照射することで、汗腺を焼き切ることができ臭いを感じずに生活できるようになるのです。

臭いがきつく日常生活に問題を抱えている方は、外科的な手術によって汗腺を取り除くことにより、臭いを解消することもできます。

体臭にもいろいろな種類があるって知ってました?

体臭が気になる時は、原因を追及することが大切です。その理由は、体臭にはさまざまな種類が見受けられるからです。そのために、種類に応じて原因を見極めて、それぞれに合う対策を行うことが重要となります。

まずは、日常生活の食事に気をつけましょう。脂肪分やタンパク質が多い食事の場合、体が臭くなりやすいので注意が必要です。ほかに、加齢が挙げられていますので、年齢に応じたケアをすべきです。香水やコロンを使用する方法はおすすめです。

また、季節を考慮することも大切です。夏は汗をかきやすいので、こまめにシャワーを浴びたり、お風呂に入る習慣を身につけることが大事です。

臭いを抑えることができるようなボディソープも効果的です。柑橘系やローズ系など、さまざまな香りのボディソープが販売されていますので、持続性を配慮しながら、好みで選ぶようにしましょう。

尚、肌に合うボディソープを使うことが肝心ですから、トラブルがないかどうかチェックしておけば安心です。

もしかしたらその体臭、病気の前兆かも!?

毎日お風呂に入っているのに、体からいつもと違う体臭が漂ってきたらそれは病気の可能性があります。体臭は人それぞれ有りますが、なにかしら疾患に罹ると臭いが強くなったりいつもと違う臭いを出す場合があるからです。

それでは臭いの種類とその臭いの元の病気を説明します。

まず、甘い臭いが体から発生した場合は糖尿病を疑いましょう。糖尿病が進行するとさらに甘酸っぱい臭いに変わります。これは体内の脂肪がエネルギーの源として使われ、アセトンという物質が生成されるからです。

また、乳幼児に多いメープルシロップ尿症という疾患では名前の通り甘い臭いが乳幼児の尿から漂ってきます。しかし、これは名前と違って最悪の場合は死に至る可能性があります。赤ちゃんから甘い臭いのおしっこが出たらすぐに小児科のある病院を受診しましょう。

そのほか、腐ったような臭いや口臭が酷い場合は胃腸の疾患が疑われます。このように変わった体臭を感じたり指摘された場合はすぐに専門の医療機関を受診するようにしましょう。