ツーンとワキから刺激臭がするワキガは本当に悩みですよね。

深刻なこの悩みを解決する最終手段は、やはりお医者さんに頼る事なんです。

実際にどんな治療がどのくらいの費用で受けられるのか、見てみましょう。

保険適用になる方法を選ぶなら直視下手術法・剪除法

実はワキガ治療に保険が適用される場合があります。

直視下手術法のひとつ、剪除法という手術方法ですね。

ワキの皮膚を切開して、ワキガのニオイ原因物質を分泌するアポクリン腺を取り除く手術です。

原因になるアポクリン腺を切り取るため、ワキガ改善効果が高い方法と言えますね。

費用は保険適用が無い状態で30〜50万円ほどです。

傷が残りにくい非直視下手術法でワキガの元を吸引!

剪除法は目で見てアポクリン腺を取り除くので効果は高いですが、傷が残りがちになります。

そこで美容に配慮したのが非直視下手術法です。

ワキの皮膚にカニューレという管を差し込み、ワキガの元になるアポクリン腺を吸引してしまう方法です。

ワキの脂肪と一緒に吸引する皮下組織吸引法が15万円程度、超音波で破壊した汗腺を吸引する超音波吸引法なら30万程度で受ける事ができます。

ローラーとカミソリで汗腺を削る皮下組織削除法

カミソリを皮膚の中に入れ、外からローラーで押さえながら皮膚の裏にある汗腺を削り取る手術が皮下組織削除法です。

根こそぎ汗腺を削り取るため、ワキガ改善効果は高いとされています。

しかし技術的に難しいため受けられる病院が少なく、失敗のリスクも少なくない方法です。

費用は40万円ほどかかります。

手術しなくても薬で抑える方法もある

保険適用になる薬品でワキガを抑える方法もあります。

臭化プロバリテリンといい、飲む事で汗を減らして体臭を抑えてくれます。

簡単に言うと飲む制汗剤といった効果ですね。

またニオイを抑える塩化アルミニウムの塗り薬が処方される場合もあります。

手術するまでもないワキガだと、投薬で改善される場合も十分考えられるんです。

またボツリヌス菌由来の成分をワキに注射したり、汗腺を熱で破壊するビューホット法などの新しい方法も広がりを見せてきています。

デオドラントを変えてみてダメだったらお医者さんへ

ワキガといっても、軽いものから重症までニオイの幅は広いものです。

ワキガかな?と思っても、まず最初にデオドラントを変えてみましょう。

スプレータイプのデオドラントは汗にすぐ流されてしまうので、ロールオンやクリームタイプに切り替えるとニオイが変わってくるかも知れません。

手術は費用も失敗のリスクもありますので、デオドラントを変えたり薬を飲んでみてもダメだった時に考えたほうがいいですね。